読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NKMSCsBLOG

サブカルチャーから銀河系までをネタにしたりしなかったりしています

テラリアに嵌っている。

 

テラリア

テラリア

 

 

テラリアが面白い。ここ何ヶ月か嵌っている。ワールドカップとの波状攻撃がつらいほど面白い。「暇ならテラリアをやれ」を家訓にしたい。

個人的に、ゲームの面白さは仮想現実感だと思う。没頭させれば面白いとか気分転換程度のスイッチになれば優れているとかは制作陣とかファンに寄って違うとは思うんだけど要するにそういう事だ。

その仮想現実感をよりよく味わう為にシナリオとシステムがある。シナリオが前に出過ぎてると「映画で良いっす」って醒めるし、一部分が面白くても動かしにくかったり世界観の決定的な矛盾点が気になると中断したくなってしまう。ちょっとワガママだけどこのバランスが悪いモノは佳作の評価を受けやすい。……と思う。

んで、テラリアなんだけど。

そのバランスの点から見るとあんまり良くは無い。ワールドがあります。素材や敵キャラは沢山です。装備も道具も作りまくって下さい。これだけ。「あっちの村助けてくれたらこっちの道を通す許可を持ってる王様に謁見させてやる」みたいな凡愚キャラは出て来ない。なんだけど、その雑さが丁寧。正攻法で行けば徐々に進めるけど力技で先回りも出来る。この雑さが良い。ここら辺の雑さは多分 SFC ぐらいの時の JRPG が下敷きになってんだと思う。ロマサガとかのフリーシナリオシステム的なヤツ。

普通にやれば或る程度の成果は出るけど都合良くやればその分成果が出る、しかもやり方は自由ってところが面白さなんだろうな。これは現実でも言える事でこの社会でそんな仕事がしたいって意思の表われかも知れないね。違いますね。そうですね。

そんな昭和丸出しおっさんゲーマーからゆとり全開ゲーマーまで楽しく遊べるテラリアをみんなで遊ぼうというお話でした。PS3 / PSV / 360 /  PC / iOS / 泥 と対応機種も多いし比較的ロープライスだし今すぐ買え!以上!